仕事をお願いした何でも屋さんと遠隔医療の事を語った

4月 8, 2016

0

仕事をお願いした何でも屋さんと遠隔医療の事を語った

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

何でも屋さんと遠隔医療の可能性を語ったことがあります。
遠隔医療とは、医師と患者の距離が離れている場合に、
インターネットなどの通信技術を使って診療を行う方法です。
日本には、医師が不足している僻地があります。
遠隔医療が可能になれば、僻地の医師不足を解消することができます。
厚生労働省では、遠隔医療のベースとなる医療分野の情報化を推進するために、
様々な施策を考えています。
日本では臨床の現場にいる医師からも、遠隔医療を望む声が強いです。
ここ数年で、スマートフォンなどのモバイル機器が普及し、
互いに離れたところにいる医師と患者が情報を共有できるようになっています。
スマートフォンを使って、遠隔地にいる医師に健康の相談ができるサービスも始まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です