1月 27, 2017

0

発達障害のピアノ教室で今後の遠隔医療の可能性の予想を語り合った

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

娘に発達障害があり普通の生活ができるようになるための習い事としてピアノ教室に通っています。
そこは発達障害のピアノ教室で病気のことを考慮した内容のレッスンを行っています。
レッスン後、ピアノ教室として使っている先生の自宅のリビングで談笑していると
テレビで遠隔医療の特集をしていました。
今後の遠隔医療の可能性を紹介していて、発達障害の遠隔での診療もできたらなと話し合いました。
この病気を専門に扱っている病院は数が少なく娘の通院している病院も
自宅からかなり遠くにあります。
またいつも患者さんが多く、予約をとるのも大変です。
今後は遠隔医療で相談や緊急の場合の診察などができるようになれば
とても助かるなと語り合いました。

1月 18, 2017

0

防水工事をしながら今後の遠隔医療の可能性について話した

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

先日あるお宅で防水工事をしている時に、テレビの情報報道番組で
遠隔医療に関する特集をやっていました。
そのお宅には医学部に通う息子さんがいるらしく、
その医学生の息子さんが僻地の医療に興味を持っているとのことで、
旦那さんが食い入るように、その特集を見ておられました。
ついつい防水工事をしながらテレビ画面に目が行ってしまいましたが、
最近はこんな技術も進歩しているのかとびっくりしました。
僻地では、1人の医師が外科も整形外科も内科も産婦人科も耳鼻科も皮膚科もと、
すべての診療科を診察して治療しなければいけません。
しかし、専門医ではないと診断の難しいこともあります。
そこで、超音波の画像を専門の先生にインターネットで見てもらって指示を受ける、
ということもできるのです。
また、画像をくるりとひっくり返して反転させて反対側から見ることも可能です。
今後は遠隔医療の可能性がますます広がって行き、
僻地でも都会と同様の医療が受けられるようになるだろうな、と思いました。
そして僻地などと言う言葉も死語になるでしょう。

8月 17, 2016

0

相模原の鍵屋さんで話し込んだこと

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

先日、実家の用事で相模原の鍵屋さんへ行ってきたのですが、
待ち時間にお店のTVを眺めていたらちょうど遠隔医療の特集をやっていたんです。
見入っていたら店主が「遠隔医療に興味があるんですか?」と話しかけてきたんです。
どうも息子さんが医学部らしく遠隔医療を勉強されていて、
その話をご家庭でずいぶん話されているそうで、詳しくて驚きました。
ついつい話し込んでしまいましたが、家族で遠隔医療を話題にされるなんてすばらしいですね。

4月 8, 2016

0

仕事をお願いした何でも屋さんと遠隔医療の事を語った

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

何でも屋さんと遠隔医療の可能性を語ったことがあります。
遠隔医療とは、医師と患者の距離が離れている場合に、
インターネットなどの通信技術を使って診療を行う方法です。
日本には、医師が不足している僻地があります。
遠隔医療が可能になれば、僻地の医師不足を解消することができます。
厚生労働省では、遠隔医療のベースとなる医療分野の情報化を推進するために、
様々な施策を考えています。
日本では臨床の現場にいる医師からも、遠隔医療を望む声が強いです。
ここ数年で、スマートフォンなどのモバイル機器が普及し、
互いに離れたところにいる医師と患者が情報を共有できるようになっています。
スマートフォンを使って、遠隔地にいる医師に健康の相談ができるサービスも始まっています。

3月 28, 2016

0

家庭教師を東大生で探してみよう

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

東大は日本の大学の中でも最も社会から評価が高い大学であり、
東大生の家庭教師は勉強を教えてもらう上で最もその効果が高いと思われる家庭教師です。
その為、多くの受験生を持つ親は東大生の家庭教師を探すことが多いものです。
東大生の中でも最も学習効率が高いと言われるのは医学部の学生です。
医学部は東大の中でも偏差値が高く、非常に勉強が出来ると言われる学生が多い学部です。
また医学の世界では遠隔医療が普及し始めており、
多くの学生がこの遠隔医療に対応する力量を身につけています。
遠隔医療の場合遠方の医師に対して患部の映像を見ながら的確に
その診療や施術の指示を行う必要があるため、
人に物事を的確に指導する力が非常に重要となります。
そしてこれは家庭教師にも同様で、
子供の状態を的確に捉え学習方法を教えることにつながるのです。

3月 11, 2016

0

カラコンって通販サイトで買うと安いらしい

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

在庫を管理するために大きなスペースを必要とするカラコンは、
眼科や店舗などですと種類が少ないうえに、価格も高い場合が多いです。
カラコンの通販であれば、在庫が大量にあり、
眼科や店舗よりもカラコンを安く扱うことができます。
眼科や店舗であろうと通販であろうと、
同じメーカーのカラコンなら、どこで買っても同じです。
そうであれば、安く入手できる通販の方がお得です。
また、通販を利用して度のあるカラコンを遠方から取り寄せた場合、
結果的には遠隔医療を実現したことになります。
オシャレを楽しむということが目的であっても、医療が目的であっても、
カラコンの通販を利用すれば、両方を安く叶えてもらえるというわけです。
是非一度、利用されてみてはいかがでしょう。

3月 10, 2016

0

豊胸手術の今後

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

バストにコンプレックスの有る女性にとって豊胸は一度は考えたことのある施術だと思います。
しかし、医療技術が発達し優秀な医師が沢山いる都会であれば費用があれば施術が可能ですが、
地方に住む女性の中にはなかなか都心部まで施術のために出向くことができない場合もあり、
その施術を受けることができないという人も少なく有りません。
その為、諦めてしまっている場合もあるのではないでしょうか。
最近では遠隔医療が話題となっています。
遠隔医療とは事故などで急な手術が必要な場合などに
患者のいる地方の病院と医師のいる都会の大病院などを通信回線で結び、
テレビ電話のような形で遠隔の医師に指示を送り手術を行う方法です。
この方法により地方の病院に居ながら都心の優秀な医師の指導による
豊胸手術を受けることが出来る様になると考えられます。

2月 18, 2016

0

頚椎症治療を遠隔医療で治す!?

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

医師が離れたところにいるのに、治療ができるというのは夢みたいですが、
遠隔医療として離島のように医療の環境が整っていない地域を支援するために
発展しつつある技術です。
もちろん手術までは、高度な機械がなければ出来ません。
ですが、普通の診察程度であれば、通信ネットワークが整っていれば、
問題なくできるようになります。
映像や音声、レントゲン写真などを通信でやり取りすることで、
高度な医療的アドバイスが出来る遠隔医療は、国も法整備に動き出したことで、
これから本格的に普及しつつあります。
どのような病気の治療が出来るのかというと、例えば頚椎症治療も例外ではありません。
頚椎症治療は、早期に発見をして、薬や温熱療法などを行うことが必要です。
そのためにも、テストやMRI検査などで、頚椎症であると分かる必要があります。
経験豊富な病院の医師に遠隔医療でも、診てもらえば、
早期発見の確率が高まり手術をせずとも済むのです。

2月 8, 2016

0

ダイビングスクールは埼玉県で決まり。

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

インターネットで病院診察!?
「お茶の水オンライン」お茶の水内科が行う【かかりつけ患者さんを対象に遠隔診療】
というのが始まったそうです!
これを皮切りにいよいよ本格的にインターネット病院診察が進んでいくのでしょうね。
もちろん最初は通院の必要性を感じますが、
身体の都合で外出できない患者さんにはかなり期待が高まるところでしょう。
インターネットといえば、私の甥がダイバーの資格を取りたいらしく、
インターネット動画のダイビング映像ばかりみていたので、
知り合いがダイビングスクールを埼玉で経営していたので
「動画なんてみてないで行って来い」と送り出しました。
これは実技が必要なので、ネットに頼っていてもどうにもなりません(笑)

1月 27, 2016

0

病院にある水道の求人が気になる

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

最近、遠隔医療の取材のために都内のとある病院を訪れることが多いんです。
事務方にも顔を覚えてもらったので、いろいろ世話話ができるようになりました。
前々から気になっていたことを聞いてみたんですが、
実は病院の掲示板に水道の求人が貼ってあるんです。
水道工事補助のスタッフを募集しているのですが、
なぜか気になって仕方ないので事務方さんに聞いてみたら、
院長さんの甥っ子さんの会社だそうです。
聞いてすっきりしました。

1月 8, 2016

0

お坊さん派遣はどこまで遠隔操作できるのか?

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

インターネットで葬儀の受付ができることが増えましたが、
最近ではイオンでも格安で葬儀ができると評判ですね。
また、amazonではお坊さんの派遣まで始まるとか…。
僻地もお坊さんは派遣できるのか、宗派はどのようになっているのか、
いろいろ考えだすと、どのように運営しでいるのか興味がでてきました。
医療と宗教(葬儀)は背中合わせの関係で、
遺体の安置室には病院付きの葬儀会社がきますから。
求められるところにサービスがあるということでしょうかね。

12月 24, 2015

0

アンタイムの延長線で化粧品製造販売業許可などの資格も。

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

ネットの環境が整い遠隔地でも診断ができるようになりました。
医療の診断はリアルタイムによる利用ですが、
授業のように録画された講義を遠隔地で見るという、
アンタイム式のサービスも多く出ています。
アンタイムのものでいえば、何も有料のものばかりでなく、
YOUTUBEの動画のような無料のものも存在します。
メイク講座もあるようですから、延長線で化粧品製造販売業許可などの資格も
探せばあるかもしれませんね。
もちろん遠隔医療のようなリアルタイムのものは無料になることはないでしょうが、
もしかしたら画質、技術の発展によりリアルタイムでみる必要性がなくなれば、
有料は有料でもずっとお得な価格になるかもしれません。

12月 21, 2015

0

交通事故は専門の弁護士に頼る。

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

離島に住む友人が、交通事故に遭ったとか、相手の加害者は観光客。
観光ということで羽目を外してしまったらしく、無謀な運転で起きた事故らしいです。
保険会社の弁護士にお願いして交渉するらしいです。
初めて知ったのですが交通事故は専門の弁護士っていらっしゃるんですね。
離島で思い出しました、遠隔診療、事実上解禁 「ソーシャルホスピタル」へ前進というニュース!
これは高齢者社会になっていく日本には大きな一歩となったはずです。
今度の動向にますます注目ですね。

12月 9, 2015

0

ネット会議でホワイトボードがあるような大きな会議室に集まって。

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

遠隔医療の問題点として、設備の優劣があると思います。
受信側と配信側で見れるのは当然として、
一方でも解像度やサイズが劣悪であるとなかなか簡単な診察にはならないでしょう。
設備の優劣もさることながら、ネット回線の不安定は設備以上に問題で、
途切れ途切れであると診療すらまともにできません。
昔のこういった遠隔映像の受けと配信だと、
ネット会議でホワイトボードがあるような大きな会議室に集まって、
安定した回線のもと行っていました、
これからの医療は個人の家ごとに行われるものであるべきなので、
千差万別の違いがあっても不思議ではありません。
もしかしたら遠隔医療は今後、そういう設備の規定が盛り込まれるかもしれませんね。

12月 4, 2015

0

ロビーに自動販売機設置されているとお見舞いの後ホッと一息付けて良いです

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

おじいちゃんが手術を受ける事になって入院しました。
手術なんてどんなおおごとなんだろうかと心配で病院に駆け付けたのですが、
特に差し迫った病気という事も無く、手術も遠隔操作で
小さな穴から器具を挿入して行うものなのだそう。
傷跡も小さいしすぐに退院できるとかで、ちょっと安心しました。
同時に今の医療技術はすごいんだなーと感心。
病院が面会用に開放しているロビーもきれいで開放的。
色々な種類の自動販売機も設置されていて至れり尽くせり。
入院も悪くないかも、とまで思ってしまいました。

11月 18, 2015

0

父が電話占いで人気運を占う

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

父親が手術する事になって入院しています。
最近は完全看護とかで、入院中の身の回りの事は
ほとんど病院が対応してくれるというのでびっくりです。
至れりつくせりで王様になった気分だと父も笑っていました。
ただやはり退屈なようで、私が暇つぶしにと教えた電話占いで人気運を占ったりして
遊んでいるみたいです。
父は今回、腹腔鏡下手術を受けるのですが、
先生の説明を聞くとモニタ越しの遠隔操作手術なのですね。
知らぬ間に医療もハイテクになっていますね。

11月 11, 2015

0

遠隔医療の今後を上大岡賃貸情報を見ながら思う。

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

患者が一列に並んで、30秒程度眺めてちゃちゃっとカルテに診断を書いて終わり。
なんて暴挙が繰り広げられたりします。
これで病気があっているなら問題がないですが、
セカンドオピニオンでもして別の病気が見つかった日には、頭に血が上ってしまいそうです。
医者は、ただのサービス業ではないし、立派な仕事とわかっているのですが、
その範疇を超えた目に余る仕事ぶりな医者がいるのも事実です。
しかし、遠隔医療が進み遠くの医者でも選べるようになるとこういった、
ある意味適当な医者は淘汰されるようになるでしょうね。
とはいえ、不動産のように自分の目で見て確かめないとダメなところあるんだよな、
と上大岡賃貸情報を見ながら思いました。

11月 6, 2015

0

高齢化社会で車や、給湯器などの火器類などの機器に囲まれて。

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

老人の認知症の問題は、家族間だけの問題ではなく
社会的な問題として大きく取り扱われるようになりました。
というのも、認知症の老人による事故などが多くなってきたからです。
最近も車で歩道を走り4人に重死傷がでる事件があったばかりです。
かつて(といっても戦前位)は、車は一般的でなく、
認知症があったとしても自分以上の力がだせるものが身近になかった分、
事故は少なかったのですが、今では簡単に力がだせる車や、
給湯器などの火器類などの機器に囲まれ、
さら超高齢化社会と長寿命という事故が起きないほうがおかしい位の条件の中で
私たちは暮らしています。
さらに、高齢者は家族と離れて暮らす独居老人が多い傾向にあり
さらに事故が増えるでしょう。
機器は進化しても気持ちなどがついていけてないのが
今の社会の一番の問題なのかもしれません。

11月 5, 2015

0

ウェルカムボードの構成を手伝ってくれる人募集

Posted in : 診察記録 on by : admin_telecossensefronteres

パソコンの不具合があるとサポートセンターの方が遠隔操作を行うことがあります。
初めて遠隔操作されたときは結構びっくりしました。
自分の意志と関わらずマウスポインタが動くんですから。
頭ではわかっていてもコックリさん的な恐怖がよぎったりして(笑)。
それはさておき、未来の遠隔医療についてと行きたいところなのですが、
今日は来週頼まれている友人の結婚式用のウェルカムボードの構成で手いっぱいなんです。
だれか手伝ってくれないかな。