仮性包茎手術を受けるなら同時治療がお得!男性の悩みをまとめて解決

仮性包茎手術を受けるなら同時治療がお得!男性の悩みをまとめて解決

仮性包茎手術を受けるなら同時治療がお得!男性の悩みをまとめて解決

包茎にはさまざまな種類があります。
最も多いのが仮性包茎です。
仮性包茎は病名のように知名度がありますが、実際は病気ではありません。
他には真性包茎とカントン包茎があります。
この2種類は病気に部類されることが多く、ペニスの状態によっては医師から手術を進められることもあるほどです。
ペニスは勃起するものであり、包茎の度合いによっては勃起障害を引き起こしたり、うまく性交渉をできなかったりすることがあります。
この記事では、仮性包茎の説明や実際に治療するにはどうすればいいか、同時治療についても紹介していきます。

仮性包茎とはどんな包茎?

仮性包茎とは、亀頭を覆う包皮が余ってしまっている状態のことを指します。
日本では治療したほうがいいものとして捉えられていますが、海外ではスタンダードペニスと言われ、治療する必要はないと言われています。
割礼を行っている国でも、近年では反対運動まで起こることもあり、仮性包茎の割合が増えているのが現状です。
しかし、単に包皮が余っているといってもさまざまな状態が確認されています。
スタンダードペニスとは、通常時は亀頭に包皮が被っていても、勃起時は亀頭がむき出しになる状態を指すことが一般的です。
しかし、勃起時も包皮が被っている状態のペニスは、治療が必要と診断されることがあります。
性交渉時には亀頭に刺激を与えることで射精を促しますが、包皮が被っていたり分厚い場合はうまく刺激を与えることができず、射精まで行かないこともあるのです。
中にはトラウマとなり勃起障害になる方もいるため、重度の仮性包茎の場合は治療が必要となります。
勃起障害になりやすい真性包茎は保険が適用されますが、仮性包茎は包皮の状態にかかわらず保険が適用されません。
自分で包皮を剥くことができることに加え、洗おうと思えば簡単に洗えるため健康上の問題とされないからです。

仮性包茎の治療方法とは

仮性包茎の治療は大きく分けて2種類あります。
最も広く行われている治療は包皮を切って亀頭を露出できる状態にすることです。
数年前までは勃起時に亀頭が露出できるペニスでも治療を勧められることが一般的でしたが、近年では勃起時に問題ない場合は担当医から治療の必要がないと言われることがあります。
この場合は治療してもしなくても問題ないため、最終的な判断は患者に委ねられることがほとんどです。
包皮を切る場合は全身麻酔は使わず、部分麻酔を使って行います。
使用するメスはレーザーメスが基本です。
切り取る部分にマーカーで印をつけてレーザーメスで切り取っていきますが、出血はほぼないため入院することなく帰宅できます。
治療の前には必ずカウンセリングを受け、ペニスの長さや太さ、曲がり方などで切る位置を変える説明を受け、患者が納得したら治療に進むことになるのです。

通常は亀頭周辺をメインに切除しますが、近年ではペニスの付け根あたりを切り、縫合します。
包茎手術に使用する糸は溶けるためほとんど痕は残りません。
しかし、見る人が見れば分かってしまうため、それを隠すために根元部分を切って陰毛で見えなくする方法が広まっています。

同時治療を行うとお得

亀頭というのは下着などから刺激を受けて大きく成長していきます。
しかし、長年包茎だった場合は刺激を受ける機会がほとんどないため、亀頭が小さくなってしまいがちです。
特に勃起時に亀頭が露出しないタイプの仮性包茎の方に多く見られます。
治療して亀頭が露出しても小さいままですし、大きくするためには数年という長い年月が必要なため、亀頭を大きくする治療を同時に行うことをおすすめします。
亀頭増大治療は体に影響のないフィラー剤などを注入し、先端部分やカリ部分を大きくさせますが、時間の経過とともに体に吸収されてしまいます。
ただし、長期持久タイプでは数年間効果が持続しますし、半永久タイプだとその名の通り、半永久的に効果が持続することが特徴です。

同時治療の場合、料金がお得になることがほとんどです。
また、包茎の方は早漏で悩んでいる割合が多いため、早漏を解消する治療を行う方もいます。
この治療は亀頭にコラーゲンを注入して幕のようなものを作り、刺激から守ってくれるため簡単に早漏を改善することが可能です。

包茎を治療した場合は最低でも1週間はマスターベーション禁止となりますし、ほかの治療を受けたくても1カ月以上開ける必要があります。
同時治療なら期間を空ける心配はありません。

まとめ

包茎治療だけでなく、亀頭増大治療や早漏の治療は、それぞれ長くても30分程度で終わります。
長年悩んでいたものが1時間もかけずに解消してしまいますし、単に包皮を切るだけなら10万円強で済むことがほとんどです。
若いうちから治療すれば亀頭に成長を促しやすいメリットもあります。
近年では同時治療を勧めるクリニックも多く、割引が適用されることがほとんどなので、実際に治療を受ける受けないかかわらずにカウンセリングを受けてみましょう。
カウンセリングは無料で行っているクリニックもありますし、中には電話やメールで相談できることもあるので、周りにばれたくない方はおすすめです。